Chica目線の折り紙コラム」カテゴリーアーカイブ

大きさの違う折り紙でユニット作品を作ると…

伝承折り紙のユニット作品・「ふきごま」♪

ユニット単体は簡単なのですが、意外と組み合わせが
難しい作品です。。。でも色合いによってはきれいに
仕上がりますね。

先日、この折り紙を大きさの違うもので折ってみて
並べてみました(^^)/
ふきごまを大きさの違う折り紙で折ってみた♪

写真左側は24cmサイズの折り紙で作ったもの。
写真右側は15cmサイズの折り紙で作ったものです。

15cmサイズとは一般的な折り紙の大きさのものです。
15cmサイズでも意外と大きくできるのですが、
24cmはそれをさらに上にいく大きさですね。

ユニット作品はパーツをいくつか組み合わせていくので
迫力があるようなそんな感じもします!!

最近は、大きめの文房具店に24cmサイズの折り紙を
販売しているところもあります。同じ作品を
違うサイズの折り紙で折ると新たな発見や楽しみに
つながると思いますよ☆

小さいサイズも…ちょっと飾るのにいい感じなのかも
しれないですね^^

折り紙は紙探しも大切。

最近は、色々な方がここのホームページを見て下さります。
さてタイトルの件。折り紙は紙探しも大切だと思います。

普通の練習用だったらどんなものでもよいのですが、
やはり何か1つ作品を作ろうとすると紙探しがとても大切になると思います。

私が作品制作の際に心がけている事があります。

  • 色の特性を活かしたり色のバランスにこだわる
  • 見た人がワクワクするような作品づくり

特に折り紙の色ってこだわればこだわるほど、おもしろい色合いに
出会うことも多いです。なので個人的には100円均一で販売している
商品は作品制作のみならず、折り紙教室でも使用を控えています。
色を知るには、折り紙にもある程度お金をしっかり出さないと出会えません。
もちろん、紙の質は言うまでもありません。
特に最近の折り紙はグラデーションだったり、色の数が多かったり、
種類が豊富です。文具店になかったらネットショップを利用してもよいかなと思います。

折り紙教室を承った際には、この話もしています。
また、折り紙にこだわらず、ホームセンターで見つけた素敵な包装紙やOAペーパーも
時には素敵な紙に変わるときもありますよ!(^^)!

なので、折り紙は紙探しも大切。また徐々に気に入っている折り紙を
紹介していきますね!

100色折り紙の色を楽しもう♪

私の場合、折り紙の色合いにとてもこだわります♪
最近は100円ショップに行くと、柄物やちょっといい和紙に
出会えることもありますが、なんといっても驚いたのが100色折り紙!!

スズキ紙工業さんの100色折り紙。
7.5センチ×7.5センチサイズが100色100枚で100円(税別)で
販売しておりました(*^_^*)

15センチサイズの折り紙は、生協で販売しているので、
そちらでの購入が多いのですが、半分の7.5センチサイズは
ダイソー以外の100円ショップで売っていることが多いです。

昨年から、ちまちま羽ばたくつるを折っていて。。。
折ること約1年。1つのカタチにしました♪
100色の羽ばたくつる♪

↓↓この作品づくりの詳細はブログにて記載しています↓↓
100色の羽ばたくつる、完成ヾ(≧∇≦)〃
(↑新しくブラウザが立ち上がります。)

ブログのほうでも書いた事と少し重複しますが…。
赤1つとってもホントに色合いが1つずつ違うのです。
なので、色のもつ微妙なバランスが難しく、もっともっと
100色の特徴を知っていれば、セットにする
色合いも変わっていたかもしれないですが、
これはこれでよかったかなぁと思っています♪

今度は100色折り紙で何を作ろうかなぁ…。
もっともっと色合いを活かした作品作りをしていきます!

※2014/07/28追記。消費税増税に伴い、金額表記を
変更しました。

折り紙の大小サイズ勢ぞろい!そして値段も手ごろなお店とは?!

タイトルに該当するお店は…

文具スーパー・事務キチです。

名前の通り、文具専門店。実は折り紙の種類も多いです!
主な取り扱いメーカーは、
ショウワグリムさん・トーヨーホームページさん・大与紙工さんが
多いかなぁと感じます。

ショウワグリムさんのはグラデーションや和紙柄、プリント柄、
24センチサイズ、両面折り紙など幅広く取り扱っておりますし、
トーヨーホームページさんのは、タントカラーペーパーという同じ系統の12色
両面折り紙が 販売されております。
大与紙工さんのは単色折り紙の販売もあります。

あと、京の象(かたち)さんの30センチサイズの折り紙・和紙も
販売されております。

文具やさんなので、包装紙もあるのでそれを切って
折り紙にするのもオススメですね(*^。^*)

あと、個人的にはスティックのりが特価で販売されている
ときもありますし、折り紙作品を貼るA4サイズの紙を
購入するときもあります。

ちなみに値段は折り紙に関していえば、
定価の3割引です。

折り紙の種類を時間かけて
見たいときにはオススメですよ!


【店舗詳細情報】
文具スーパー事務キチ
住所:〒921-8043 石川県金沢市西泉1-2
電話:076-241-1881
営業時間:午前9時~午後9時
定休日:年中無休
ホームページ:http://www.jimu-kichi.co.jp/

大きな地図で見る

折り紙サイズは15cm?!オリジナルサイズの折り紙もOK!

最近は、色々な方がここのホームページを見て下さります。
さてタイトルの件。折り紙は紙探しも大切だと思います。

普通の練習用だったらどんなものでもよいのですが、
やはり何か1つ作品を作ろうとすると紙探しがとても大切になると思います。

私が作品制作の際に心がけている事があります。

  • 色の特性を活かしたり色のバランスにこだわる
  • 見た人がワクワクするような作品づくり

特に折り紙の色ってこだわればこだわるほど、おもしろい色合いに
出会うことも多いです。なので個人的には100円均一で販売している
商品は作品制作のみならず、折り紙教室でも使用を控えています。
色を知るには、折り紙にもある程度お金をしっかり出さないと出会えません。
もちろん、紙の質は言うまでもありません。
特に最近の折り紙はグラデーションだったり、色の数が多かったり、
種類が豊富です。文具店になかったらネットショップを利用してもよいかなと思います。

折り紙教室を承った際には、この話もしています。
また、折り紙にこだわらず、ホームセンターで見つけた素敵な包装紙やOAペーパーも
時には素敵な紙に変わるときもありますよ!(^^)!

なので、折り紙は紙探しも大切。また徐々に気に入っている折り紙を
紹介していきますね!